読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すらすら租税法研究ノート。

租税法に関する勉強と思考を書きます。

いちいち裁判にはできませんし・・

本日の1冊はこちらです。

税法入門 第6版 (有斐閣新書)

税法入門 第6版 (有斐閣新書)


55頁より。
公平負担の原則は常に立法の段階で
考慮すべきものであって、いったん制定された税法の
解釈原理としては、考慮すべきではない、と。
つまり、法の欠陥・不備は法改正で是正すべきであって
裁決や裁判の解釈で救済すべきではない、と。


理屈としては、わかります。


しかし、納税者としては本業の仕事があるのに
裁決・裁判へ訴え出て国税局と対決するのは
ものすごいパワーがかかりますし、
ましてや国会議員へ法改正を働きかけるのも
努力の割に効果が測れないし。


株主への説明責任がうるさい以上、
国税調査による理不尽な指摘を感受するのも難しく。


立法の過程で近視眼的な議員の修正で
税法の理論体系がぐちゃぐちゃになってしまうのも
有りがちです。


やはり、納税者・主権者として
不断に公務員(国会議員も含め)を監視するしか
ないのでしょう。


その理論的基礎として、
まずは租税法の考えと判例を学んでいきます。