読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すらすら租税法研究ノート。

租税法に関する勉強と思考を書きます。

租税回避否認の論理には。

私法の世界では、
「私的自治の原則」と「契約自由の原則」が
前提として置かれています。

租税法は強制力を持った「徴税」という、
国家権力と私人の交差する場面を律していますが。

私的自治と契約自由を重視しますと、
課税要件を回避するために
経済効果は同じなのに別の法形式を
採用することによる租税回避を許すことになります。

公平負担の原則を重視して、
明文の規定が無くても
租税回避を否認できるという学説もあるものの、
法的安定性、何よりも租税法律主義の原則から
明文の規定無しに租税回避否認はできないというのが
多数説であります。

それでも、組織再編税制などでは
包括的な租税回避否認規定を置いています。

これが違憲であるか、
争われた裁判はまだないようですが、
財務のデパート、いや財務の総合商社のような
企業がアクロバティックなスキームにより
課税回避行動をとり、国税調査で否認されて
争われている事例もあると聞きます。

これから、判例が蓄積されていくのでしょう。

注視したいと思います。