読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すらすら租税法研究ノート。

租税法に関する勉強と思考を書きます。

金融機関と信頼。

倫理や公正という概念は曖昧なもので、
一人ひとり、その基準は異なるのではないかと考えられます。

今般の金融危機対応に限らず、
金融市場や金融機関に対する規制や公共政策が
保護主義の立場に立って過度の規制や
誤った規制を生み出してきた歴史があります。

経済学者が考える標準的な見解によれば、
企業の社会的責任とは企業価値を高めること、
わかりやすくは株式市場における価値を
あげることであり、企業活動の社会的影響への配慮は
企業行動の経済的外部効果を考慮した意思決定の
範囲に限定されるべき、とされます。

つまり、利益をあげて1株当たりの価値を向上させることが
最大の責務であり、経済的外部効果にはそれほどの
考慮をおくべきではないと。

金融機関の行動が起こす負の外部性は
昨今の例では略奪的貸付により郊外の
住宅コミュニティが破壊されてしまったことなどでしょうか。

しかし、金融機関は「信頼」が企業の取引を決定するうえでの
決定的な要因である場合は、企業行動に対する社会的評価は
経済外部効果にとどまらず、行動倫理の確立により
顧客の信頼を確保し、利害対立や紛争を処理するための
コストを回避する明確な手段となります。

本日の参考文献はこちら。

金融分析の最先端

金融分析の最先端

これに関しましては、金融機関、及び金融機関以外の
一般事業会社についても少々考えました。
こちらは学問的に思考する場ですので、
続きは「すらすら日記。」へ。